社長ブログ

「カルネアデスの板」

2020/7/25 (土)

法律の世界でよく取り上げられる例話に「カルネアデスの板」

という話があります。

船が難破をし、一人の乗客が板きれにつかまって海上を漂っています。

もう一人の乗客が近づいてきて板きれにつかまろうとします。

でも、小さな板きれは二人の重さには耐えられそうにもないので、

つかまれば二人とも沈んでしまいます。

そこで先につかまっていた人が、後から来た人を追い払います。

二人の生きようとする権利が衝突しますが、法的には追い払った人の

行為は緊急避難として正当性が認められるそうです。

でも、追い払われた人は、死んでしまうだけで法的な救済は

何もないのでしょうか?

  今のコロナ騒ぎでも同じようなことが起きています。都市封鎖です。

都市を封鎖して、ウィルスに罹っているかもしれない外部の人を入れないと

いう措置は、この「カルネアデスの板」に通じるところがあるようです。