ニュース

「労務監査」を受けてみませんか?

2011/3/ 4 (金)

労務監査とは、企業がCSR(企業の社会的責任)について、労働関係の
法令を中心に遵守できているかを「就業規則」等を通じて確認する作業
のことです。
法定監査として確立してきた会計監査と異なり、労務監査は任意監査で
あるため、定期的に行っていない企業も多く、対応に差があるのが
現状です。
他方、従業員側は、ネットの発達等により労働法関連情報の入手が簡単
にできること、企業への帰属意識の変化等により、自己主張を強めて
きており、近年労使トラブルは顕著に増加してきています。
また就業規則の変更を伴う法改正や制定が毎年のように行われていること
などの事情もあり、企業の人事・労務上の法るリスクは益々高まって
きています。
これらに有効に対応していくためにも「労務監査」を取り入れる企業が
増えてきています。

以下のニーズを持つ企業様は一度弊社の「労務監査」を受けることを
お勧めします。
・現在の就業規則が、最新の法令、通達、判例等に対応できているかを
 知りたい
・労働基準監督署の調査で指摘されうる事項を知りたい
・労使のトラブルの際、何が不利になるのか理解しておきたい
・労働環境を整備し、優秀な人材を確保したい
・メンタルヘルス対策(ハラスメント対策を含め)ができているか確認
 したい
・株式公開のため、諸規定が整備されているかチェックしたい


お気軽にお問合せ下さい!