Q&A

なぜ「中退共」へ移行できないの?

  •  私共は、社員80名の建設会社ですが、退職金積立として、某生命保険会社の「適格退職年金」と「建退共」に加入しております。あるセミナーに参加して得た情報により、「適年」の移行先に関しては「中退共」を考えていましたが、移行出来ないと言われました。どういう事でしょうか?
  •  平成24年3月31日に税制適格が廃止となる現在の「適年」は、それまで に他の企業年金等に移行させなければなりません。おっしゃる通り、中小企業の実質的な移行先として、「中小企業退職金共済」があります。 企業規模としては、貴社はクリアしている様ですが、加入出来ない従業員と いう内容が下記の通りとなっています。
    (1)現に中退共制度に加入している従業員
    (2)現に特定業種退職金制度に加入している従業員
    (3)現に社会福祉施設職員等退職手当制度に加入している従業員
      つまり貴社の従業員の場合は、(2)の制度である「建退共」に加入したままで、「中退共」に同時加入出来ません。現状のままでは、「適年」資産を 「中退共」に移行する事は出来ない訳です。 他の手段としては、「建退共」を一旦解約して「中退共」に加入する、最近 中小企業加入が増えている「総合型401K」に加入する・・・等が考えら れます。   いずれにしても、御社独自の手法を検討する必要がありますので、専門的な 知識を持った社会保険労務士、又はコンサルタントへご相談することをお勧めします。
(2006年9月)