Q&A

パート社員にも退職金を支給するの?

  • :当社は「退職金有り」の会社ですが、パート社員には退職金を支払っていません。最近、あるパート社員から退職金の支給要請があったのですが、パート社員にも退職金を支給しなければならないのですか ?
  •   「退職金有り」の会社で、パート社員にも退職金を支払うべき か否かは、会社の退職金規程等の規定内容などによります。 従って、規程等の規定の仕方次第ではパート社員にも 退職金を支払わざるを得なくなる可能性が出てきますので、 注意が必要です。 具体的には、以下の2点に注意して退職金規定等をチェック する必要があります。 第一に、「退職金規定が正規社員と非正規社員とで区別して いるか」です。 ①退職金を正社員と非正規社員とで異なる処遇をする場合 には、「退職金は別の取扱いをする」という規定をするか、 ②個別に非正規社員独自の就業規則等を作成する必要が あります。 従って、就業規則が正社員と非正社員とで同一で、 その中の退職金に関わる規定が両者を区別していない 場合には、非正規社員に対しても正社員と同様の支給 基準で退職金を支給する義務が出て来る可能性が あります(大興設備開発事件・大阪高判平9・10・30)。 第二に、「有期契約社員と無期契約社員で不合理な 差別がされていないか」です。 改正労契法20条(平成25年4月1日施行)では、 有期契約社員と無期契約社員との労働条件について、 不合理な差別をすることを禁じています。 従って、合理的な理由が無いのに、無期契約社員 のみに退職金を支給したり、両者の間に著しい金額 格差があるときなどは不合理な差別として同条違反 となる可能性が出てきます。 そして、仮に法違反とされた場合には、その差別規定 は無効とされ、有期契約社員にも無期契約社員と 同様の基準にしたがって退職金を支払わざるを得なく なる可能性もありますので、ご注意下さい。

    (2016年6月4日)