Q&A

60歳から厚生年金をもらった方が良いの?

  •  今年(平成19年)60歳になり、定年を迎えます。定年後は働かずにゆっくりするつもりです。厚生年金には40年近く加入していましたが、年金は60歳からもらったら損をすると聞いたので、65歳からもらおうと思っていますが、65歳まで待ったらどの位増えるのでしょうか?
  •  

    あなたが60歳から65歳未満の間に受給する年金は、
    「特別支給の老齢厚生年金」といいます。

    現在、法律上では、老齢厚生年金も老齢基礎年金も支給開始は
    65歳と決まっていますが、法改正前(昭和61年3月以前)は、
    60歳から支給されていました。
    法律が変わったとはいえ、急に支給開始年齢を5年も遅らせることは
    できません。

    そこで、当分の間の経過措置として特別に60歳から支給する仕組み
    になりました。
    この「特別支給の老齢厚生年金」の支給開始年齢は、生年月日が
    若くなるにつれ、遅くなり、昭和36年4月2日以後生まれ(女子においては
    昭和41年4月2日以後生まれ)の人においては、支給はなくなり、
    本来の老齢厚生年金を65歳から受給することになります。

    年金を65歳から受給されるということですが、あなたの場合、
    60歳から年金を受給しても不利益を被ることはありません。

    国民年金の加入期間だけの人が、60歳から老齢基礎年金を
    受給すると繰り上げ受給となり、年金額が減額されますので
    損になりますが、特別支給の老齢厚生年金は60歳から当然に
    支給されるものです。

    60歳から受給しても減額されません。また、65歳から受給した
    としても増額することはありません。

    年金の受け取りの時効は5年間ですので、60歳時からの年金を
    遡って一時金で受給することはできますが、その額は、本来もらうべき
    であった年金額です。

    それどころか、請求が65歳を過ぎると時効の5年を経過した分に
    ついては受給することはできなくなりますし、手続きも面倒に
    なります。

    60歳で年金の裁定請求を行うことが、大切と思われます。