社長ブログ

「来年の桜」

2015/4/17 (金)

  可憐な花を枝一杯に着け、道行人

の目を楽しませてくれていた桜もスッカリ

散ってしまいました。

風に吹かれて、桜吹雪となって散っていく

桜の姿を見ていると、何となく過ぎ去って

いくものへの哀愁を感じたものでした。

  そして同時に、

「来年の桜の頃は、“日本は、私のオフィスは、

そして、私自身はどうなっているんだろうか?”、

“相変らず元気で桜を見ているんだろうか?”」

と いう思いがボンヤリと頭の中をよぎったものでした。

  来年の桜の時期のことなんて、誰にも分りません。

でも、一つだけ確かなことは、私がまた1年、歳を

とるということです。

忙しい人にも、暇な人にも、時間だけは公平に

経って行きます。