お役立ち情報

「同一労働同一賃金」の対応

2020/6/27 (土)
①「中小企業への適用が次々に始まる働き方改革関連法の施策」 新型コロナウイルスの影響により、他の様々な情報が報じられる 機会が減ってしまいましたが、法改正は着々と行われています。 先ず、働き方改革関連法の施策の中で、今年の4月からは、 「時間外労働の上限規制」の中小企業への適用が始まりました。 また、働き方改革の大きなテーマの1つである「同一労働同一賃金」 も来年の4月から適用が始まりますので、今からの準備が必要になります。 ②「残業上限規制認知が不十分」 日本・東京商工会議所が実施した「人手不足の状況、働き方改革関連法 への対応に関する調査」によると、「時間外労働の上限規制」の名称・内容 について、認知が十分でない企業の割合は16.2%となっています。 また、施行時期を「知らない」とした割合は、従業員規模50人以下の 企業で19.9%と、約2割にも上っており、施行直前の時期においても、 まだ認知度自体が十分ではないという実態がわかる結果となっています。 ③「同一労働同一賃金」 来年4月から中小企業にも適用される「同一労働同一賃金」ですが、 本調査によると、まだ25.7%の企業が、認知が十分ではないと回答 しています。従業員規模50人以下の企業では、32.9%が施行時期を 「知らない」と回答しており、内容だけでなく施行時期の周知も求められる ところです。 また、「対象になりそうな非正規社員がいる」との回答は23.4%でしたが、 そのうち「対応の目途がついている企業」の割合は46.7%にとどまって います。中小企業への施行まで1年を切る中、 まだ半数の企業は対応が できていないことがわかります。 本調査によれば、「同一労働同一賃金」について講じた対応策や対応予定 の方策としては、「非正規社員の給与等の処遇改善」(47.5%)、 「賃金・人事制度の構築・見直し」(36.4%)、「正規/非正規の業務内容・配置 の見直し」(35.8%)、「非正規社員の正社員化」(27.1%)が挙がっています。 どのような対応をとるにせよ、ある程度の準備期間が必要になりますので、 未対応の企業は、早めの検討・取組みが必要になるでしょう。 (2020年6月27日)