お役立ち情報

「職場の嫌がらせ」

2016/8/27 (土)

近年、労働トラブルは減少傾向にあるとよく言われますが、
現実にはどうなのでしょうか?
以下に東京都産業労働局が纏めた「平成27年度における
労働相談及びあっせんの状況について」のポイントを
ご紹介します。
この調査は、都内6か所の労働相談情報センター
における平成27年度の労働相談・あっせんの状況
について取り纏めたものですが、そのポイントは
以下のとおりとなっています。
①労働相談件数は、51,960件。(前年度比▲2.2%)
平成18年度以降、10年連続で5万件を超え、高止まり
の状況となっている。
②相談内容は、6年連続で「退職」が最多。
 以下「職場の嫌がらせ」→「労働契約」が上位3項目。
③「職場の嫌がらせ」の相談は引き続き増加。
 2年連続で2位となり過去最高。
④非正規労働者からの相談が増加。
 正規労働者からの相談が、前年度に比べて0.5%減少
した一方、非正規労働者からの相談は1.3%の増加。
近年は「職場の嫌がらせ」の増加傾向が見られて
いますが、昨年度は全体の相談件数が51,960件
(前年度比▲2.2%)という状況にもかかわらず、
「職場の嫌がらせ」は9,282件で、前年度比+2.0%
となっています。
具体的には以下のような事例が紹介されていますが、
改めてハラスメント対策の実施が求められます。
2017年1月にはマタハラ対策が義務化されますので、
このタイミングで改めて対応策検討をされては
如何でしょうか。
〇事例(上司からの嫌がらせ)
相談者は、医療機関で医療事務に従事していた
正規職員。日頃から院長より些細なことで物を
投げつけられたり、机を叩くなどの態度を
取られていた。相談者は、母子家庭で生活が
苦しいので勤務を続けてきたが「お前なんて
辞めちまえ」と怒鳴られ、出勤が困難と
なったので、来所するに至ったもの。

(2016年8月27日)