ニュース

残業を合法的な(当社独自開発)方法で縮減しませんか。

2011/8/ 3 (水)

 2010年4月から改正労働基準法が施行され、時間外労働の
賃金割増率がアップ(月60時間を超えた部分について従来の
25%増から50%増へ)されています。
更には、従業員の健康に対する企業の配慮義務についても一層厳しく
追及されるようになってきました。
このように、最近の社会情勢は、益々「従業員の時間外労働削減
対策」は、企業にとって一段と大きな経営課題であり、その解決を
図る事を迫ってきています。
この課題に対応していくための一法として、「時間外労働」は
飽くまで会社が従業員に命令するものであって、従業員が勝手に
するものではないという当たり前のことを再確認し、社内に
徹底して無駄な残業を削減していく必要があろうかと思われます。
タイム・カードに頼った機械的な残業管理も見直すべきです!
合法的な方法を弊社にご相談下さい!
弊社独自開発の方法です。