ニュース

適格退職年金からの移行問題がクローズアップされています。

2009/10/ 1 (木)

最近は、弊社にも適格年金の移行についての問合せが随分と増えました。
ご存知の通り、税制適格年金(適年)は2012年3月末で廃止される
(税制上の優遇が受けられなくなる)ことが決まっています。
先日発表された厚生労働省によるアンケート調査結果によれば、
適年を導入している企業のうち、約89%の企業が何かしらの対応を
行っているそうですが、約9%の企業は何らの対策も行っていないそうです。
また、社団法人信託協会の発表によれば、2009年3月末時点における適年の
資産残高は、 8兆1,319億円(対前年比30.8%減)となっています。
適年から他の年金制度への移行作業には1~2年ほどかかることなどから、
厚生労働省では、できるだけ早めに手続きを取るよう求めています。

適格年金からの移行問題解決には専門家のアドバイスが必須です。
お気軽にお問い合わせ下さい!